1/30(土)南区ジュニアボランティア養成講座

1月30日(土)横浜の青少年地域活動拠点「フリースペースみなみ」において、MJV(南区ジュニアボランティア)養成講座を実施しました。

今回のテーマは

「多文化共生でどんな問題が起きるのか?」
「みんなが住みやすくするためにはどうすればいいのか?」

ケンカや差別が起こったりなどという意見があり、
そして「みんなが住みやすくなるために」と、まず子どもたちがまとめたものは、

1.みんなが相手にやさしくする
2.わるいことはしない
3.人の気持ちを考える
4.人のいやがることをしない

の4つでした。

しかし、子どもたちの話し合いの様子を見ていると、
「その4つを今ここの場ではできているのかな?」という疑問が・・。

子どもたちに聞いてみると、
「ふざけたり、話をきいていなかったり、できていない」との声。

「みんなに優しくすることも、悪いことをしないことも、
人の気持ちを考え、嫌がることをしてはいけない」
ということを「知っている」けれど「実践できない」という子どもたち。
「知っている」だけではうまくいかないんだ・・というところの壁を感じたようです。

人は多様だと言ってしまえばそれまでだけど、
それを乗り越えて「話し合い」が社会の中でも起こり、
住人自身で良い街をつくろうと向かい合うことの難しさ・・。
子どもたちの話し合いの場に垣間見た気がしました。
同時に、しっかりとお互いが関わり話し合う体験の大切さを実感しました。

来週は「よこはま国際フォーラム2016(http://yokohama-c-forum.org/wpforum/)」にて、子どもたちと発表をします。

来場者にどのような発表をするのか。
この一週間、子どもたちはきっと考え続けるのだと思います。
可能性を秘めた子どもたちの等身大の声をお届けできたらと思います。

 

お時間ある方は、ぜひお越しください☆