11/21(土) ジャーナリストになろう!②

11月14日、21日 地域連携プログラム(横浜市立大学横浜橋通商店街プロジェクト、フリースペースみなみ共催企画)

ジャーナリストになろう!の第2回目が行われました。

 

前回のインタビュー研修の内容や準備を元に、実際に横浜橋通商店街に取材に行きます。

今回ご協力していただいたお店は、そば処安楽うなぎ八舟福美高麗人参産業(キムチ専門店)(株)玉喜園リカーズ・モリテイ(酒店)千万喜商会(不動産屋)の6店舗です。

皆さん、お忙しい中子どもたちの体験活動のためと喜んで協力してくれました。

 

難しい話も多かったようでしたが、講師のタウンニュース南区編集長の門間さんから言われた「自分の聞きたいことを聞く」というアドバイスを活かしながら、緊張しながらも商店の方とのお話を楽しんでいました。

また、聞いたことをしっかりとシートにまとめていく様子は、プロのジャーナリストそのものでした。

 

インタビューから帰った後は、いよいよ記事作りです。

どのような内容を書くかは商店の方との会話にによって変わってきます。

そのお店の自分が感じた良さをどう伝えようか、子どもたちの表情は真剣でした。

 

作成した記事シートを横浜市立大学学生チームがまとめ、いよいよ記事となります。

出来上がった記事はまた後日UPしますので、楽しみにしていてください。


最後に、ジャーナリストの仕事を体験して、子どもたちからは「作業をやる大変さがわかった、とても時間が足りない」「商店街の人たちがとても優しかった」という意見がありました。

講師の門馬さんからも「自分の聞きたいことを掘り下げて聞けていた。ぜひ今後の自分たちの生活に活かしてほしい」と講評をいただきました。

 

ご協力いただいたタウンニュースの門間さん、横浜橋通商店街の皆さま、本当にありがとうございました。