10/10(土)身近で活躍する人を見てみよう!②

~「身近で活躍する人を見てみよう!」ワークショップ開催中~

横浜市南区にあるフリースペースみなみ。
「南区ジュニアボランティアリーダー養成講座」を今後実施していく前段階として、地域の子どもたちを対象に3回シリーズでワークショップを開催しています。

今回は第2回目。
前回、ボランティアには色々な活動があることを知った子どもたち。
「やりたい」「楽しそう」と感じる活動がある一方、
「難しそうで嫌だな」「大変そう」と感じる活動があることも気づきました。

難しいそう、大変そうと感じるボランティア。
それでも募集チラシがあるということは、必要としている人がいる。
募集している団体があるということは、活動している人がいる。
どうして活動しているんだろう・・・?

ということで、実際に活動している方々にインタビューを実施しました。

10月10日・11日は「よこはま国際フェスタ2015with横浜だがしや楽校」
この会場には様々な活動を実施している団体が出展をします。
そしてこれらの団体ではボランティアさんが活躍されています。
今日は、このイベント会場がインタビュー実践の場。
会場で活動をしている人に子どもたちから声をかけ、
たくさんの方々にインタビューに答えていただきました。

活動をはじめたきっかけは?
うれしかったこと、大変だったと感じることは?
子どもたちの質問に丁寧に答えてくださった皆さん。
子どもたちに分かりやすく話してくださったと同時に、
子どもたちが自分からインタビューする姿に感心した、
ボランティアに興味をもってくれることが嬉しい、という声を
たくさんの方からいただきました。

インタビューの後は結果や感想をまとめました。
印象に残った言葉を聞くと、
「大変なことも多いけど、誰かに喜んでもらえると嬉しい」
「他の文化を知れた時、誰かに伝えることができた時が楽しい」
「活動を理解してもらえない時はつらいけど、理解してもらえると嬉しい」
といった、活動する人の「思い」「気持ち」に子どもたちが
注目している様子が印象的でした。

第3回目は10月31日に実施します。
今度は子どもたちが「自分ならどうする?」を考えます。